ASUS、M.2 SSDスロットを備えた802.11ac対応Wi-Fiルーターを発売

ASUS JAPANは8月10日、Wi-Fiルーター「BRT-AC828」を発売しました。

BRT-AC828 | Wi-Fi | ASUS 日本

BRT-AC828はプロセッサとしてQualcommのIPQ8065を搭載し、最大1733MbpsのIEEE 802.11acと最大800MbpsのIEEE 802.11n(2.4GHz帯)に対応した「AC2600」クラスのWi-Fiルーターです。

(国内で販売中の製品ではSynologyのRT2600acやNETGEARのNighthawk X4S R7800がIPQ8065を搭載しています)

WAN側は1000BASE-T対応の端子を2基備え、2つの回線による冗長構成が可能です。

LAN側は8基の1000BASE-T対応端子の内最大4基でのリンクアグリゲーションを利用でき、最大4Gbpsの通信が可能とされています。

PPTPやOpenVPNによるVPNサーバー・クライアント機能にも対応しています。

2基のUSB 3.0端子に加えて特徴的な機能としてM.2スロットを備え、USBストレージだけでなくM.2スロットに装着したSSDもNAS代わりに扱うことができます。