BUFFALO、初のトライバンド対応Wi-Fiルーター(と専用中継機)を発表

株式会社バッファローは11月29日、Wi-Fiルーターの新製品「WTR-M2133HP」シリーズと中継機の新製品「WEM-1266」「WEX-1166DHPS」を発表しました。

WTR-M2133HPシリーズは2018年1月以降、WEX-1166DHPSは2017年12月下旬以降に発売される予定で、WEM-1266は近日発売予定とされています。

4Kをむかえる新基準 トライバンドWi-Fiルーター|株式会社バッファロー BUFFALO

11ac 2×2対応で高速、しっかり届くハイパワー。 コンパクトなコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機|株式会社バッファロー BUFFALO

人気記事

トライバンド対応・円形筐体のWTR-M2133HPシリーズ

WTR-M2133HPシリーズ(WTR-M2133HP・WTR-M2133HP-PR)はBUFFALOの個人向けWi-Fiルーターとして初めてトライバンド(5GHz帯 x 2、2.4GHz帯 x 1)での通信に対応し、現行製品から一新された円形の筐体の中央部に5GHz帯(W56)用の指向性アンテナを備えています。

L2TP/IPsecサーバー・USB 3.0端子・IPv6 IPoE・「i-フィルター for BUFFALO」などの機能は現行の上位モデルと変わりません。

また、接続機器の管理などが可能な専用アプリ「WTR Manager」がAndroid/iOS向けに提供される予定です。

通常モデルより遅い2018年2月以降発売予定のWTR-M2133HP-PRは「パールローズグレージュ」と銘打たれた特別色扱いで、性能・機能の差はありません。

「専用中継機」のWEM-1266

WEM-1266はWTR-M2133HPシリーズ専用の中継機とされており、WTR Managerによる管理にも対応するようです。

(単にデザインを合わせただけの汎用的な中継機なのか、実際にWTR-M2133HPシリーズとしか接続できないのか等は明らかになっていません)

今のところ明確な発売時期は公開されていません。

省スペースで高速化されたWEX-1166DHPS

WEX-1166DHPSは型番こそWEX-1166DHPに近いものの、実際の形状はWEX-733DHP・WEX-733Dに近いコンセント直付・アンテナ内蔵のIEEE 802.11ac対応中継機です。

IEEE 802.11ac利用時の通信速度がWEX-1166DHPと同じ最大866Mbpsになり、WEX-733DHPには無かった有線LAN端子(1000BASE-T)も搭載されています。