24Wireless

Wi-Fi/無線LANの比較的新鮮な情報をお届けします。

ニュース

BUFFALO、一部NASでアップデートにより最大5Gbpsの通信に対応

BUFFALOは1月5日、同社が主に法人を対象として販売しているNAS「TeraStation 5010シリーズ」向けのファームウェアを更新しました。

更新後のTeraStation 5010シリーズでは昨年制定された「IEEE 802.3bz」による最大5Gbps又は2.5Gbpsの通信が可能になります。

また、同規格に対応したスイッチ「BS-MP20シリーズ」を17年春に発売予定であることも告知されました。

世界初(※)、「テラステーション 5010シリーズ」が Ethernet新規格「IEEE 802.3bz」に対応 既設LANケーブルで最大5Gbps(規格値)通信が可能に|株式会社バッファロー BUFFALO

新規格「IEEE 802.3bz」に対応。 「IEEE 802.3an(10GBASE-T)」までの規格に対応の 法人様向けスイッチを今春発売|株式会社バッファロー BUFFALO

TeraStation 5010シリーズは2016年夏に発売された製品で、10ギガビットイーサネット(10GBASE-T)には発売当初より対応していました。

今回のアップデートでIEEE 802.3bzに対応したことで、既に敷設されているCat.5E・Cat.6のLANケーブルを用いて最大5Gbps(Cat.6ケーブル利用時)又は2.5Gbps(Cat.5Eケーブル利用時)の通信を行えるようになります。

にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ
にほんブログ村

-ニュース
-