D-Linkが11ax対応ルーター2機種を発表

D-Linkはラスベガスで開催された「CES 2018」で、IEEE 802.11ax対応ルーター2機種を含む新製品を発表しました。

D-Link Brings Extreme Networking Performance to Connected Homes with New 802.11ax Ultra Wi-Fi Routers | D-Link

CES 2018: Day 1 Roundup | D-Link Blog

人気記事

11ax対応の「DIR-X9000」「DIR-X6060」

発表された製品の内IEEE 802.11axに対応するのは「DIR-X9000」と「DIR-X6060」の2機種です。

AX11000 Ultra Wi-Fi Router | D-Link

AX6000 Ultra Wi-Fi Router | D-Link

DIR-X9000は「11,000Mbps」(2.4GHz帯:1148+ 5GHz帯1:4804 + 5GHz帯2:4804Mbps?)、DIR-X6060は「6,000Mbps」(2.4GHz帯:1148+ 5GHz帯:4804Mbps?)の通信が可能とされています。

また、プレスリリースには「One 5 Gbps WAN port」、両者の製品ページには「2.5 Gbps WAN port」という表記があり、無線側の高速化に合わせて5GBASE-T・2.5GBASE-T(IEEE 802.3bz)にも対応すると思われます。(LAN端子は1000BASE-T x 4)

どちらも2018年後半に発売予定となっています。

McAfeeのセキュリティ機能を統合した「DIR-2680」

AC2600 Wi-Fi Router Powered by McAfee | D-Link

DIR-2680は11acまでに対応する通常のWi-Fiルーターで、マカフィーのセキュリティソリューション「Secure Home Platform」に対応しています。

2018年の第2四半期に発売される予定です。