I-O DATA、「360コネクト」対応ルーターの新機種を発表

io_wnax2033gr

I-O DATAは11月16日、Wi-Fiルーターの新製品「WN-AX2033GR」を発表しました。

11月下旬の発売が予定されています。

360コネクト搭載の無線LANルーターフラッグシップモデル登場! | IODATA アイ・オー・データ機器

人気記事

MU-MIMO、ビームフォーミングと「360コネクト」に対応

WN-AX2033GRはI-O DATAのフラッグシップ機という扱いで、先日「PLANT」ブランドの第一弾として発表されたWNPR2600Gと同様に

  • IEEE 802.11acによる最大1733Mbpsの通信
  • MU-MIMO
  • ビームフォーミング

に対応しています。

加えてビームフォーミングは子機側の対応を必要としない「ビームフォーミングW」になり、旧機種のWN-AX1167GRでサポートされたものの「PLANT」ブランドの製品は対応していない「360コネクト」も搭載されています。

フィルタリングサービスを5年間無料で提供

機能面ではアクセスポイントモードでも適用される「ネットフィルタリング」を搭載し、購入から5年間は無料で利用できるとのことです。

(ただし今後のアップデートにて対応)

WPSによる旧ルーターからの設定移行も可能です。

WNPR2600G購入のメリットは

新ブランドの最上位モデルとして発表されたWNPR2600Gですが、WN-AX2033GRと比べると見劣りする感が否めません。

WNPR2600Gが勝っている点としては

  • IEEE 802.11n利用時の通信速度(WNPR2600Gは5GHz帯/2.4GHz帯共に最大800Mbps、WN-AX2033GRは5GHz帯が最大600Mbps/2.4GHz帯が最大300Mbps)
  • サイズ及び重量(WNPR2600Gは109x87x200mm/240g、WN-AX2033GRは180x120x180mm/410g)
  • 消費電力(WNPR2600Gは11W、WN-AX2033GRは13W)

が挙げられますが、どうにも決定打に欠けるように思えます。