24Wireless

Wi-Fi/無線LANの比較的新鮮な情報をお届けします。

情報整理

LTE対応の据置型Wi-Fiルーターを比較する

2017/08/09

NECのHT100LNが発表された所で、今現在入手しやすいLTE対応の据置型Wi-Fiルーター4機種を比較してみます。

※2017/08/09追記:シンセイコーポレーションのnovas Home+CA FREEを追加しました。

 

Aterm HT100LN

LTE Cube E5180(E5180As-22)

novas Home+CA FREE

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)

メーカー NECプラットフォームズ Huawei シンセイコーポレーション Huawei
対応Band(LTE) FDD-LTE B1/19/26 FDD-LTE B1/3? FDD-LTE B1/19 FDD-LTE B1/18,TD-LTE(WiMAX 2+) B41/42
対応Band(3G) 非対応 W-CDMA B1? 非対応 非対応
無線LAN IEEE 802.11 ac/a/n・b/g/n IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 ac/a/n・b/g/n IEEE 802.1 ac/a/n/・b/g/n
通信速度(LTE) 最大150Mbps 最大150Mbps 最大300Mbps※ 最大440Mbps
通信速度(Wi-Fi) 最大433Mbps(802.11ac)/150Mbps(802.11n) 最大150Mbps? 最大867Mbps(802.11ac) 不明
LAN端子 1基(1000BASE-T/100BASE-TX) 1基(100BASE-TX/10BASE-T) 2基(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T) 2基(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
重量 200g 250g 317g 493g
備考     対応Bandの関係上、実際の通信速度は最大262.5Mbps  

人気の記事

Aterm HL100LN

7月に発表されたばかりの新製品です。

今回取り上げた3製品の中では最も軽量で、ドコモ・au両方の800MHz帯に対応しています。

現在は予約受付中で、価格は17,000円前後です。

Huawei LTE Cube(E5180As-22)

正式にSIMフリー端末として発売されたわけではないものの、なぜか技適マークが付いた未使用品がある程度流通している不思議な製品です。

7/24現在Amazonでは2万円弱ですが、ヤフオクでは未使用品が5,000円前後で取引されています。

ヤフオク! - 「LTE Cube」の検索結果

地域WiMAX推進協議会のサイトで地域BWAの高度化システムに対応した機器として挙げられており、阪神ケーブルエンジニアリングの「Hai connect」やベイ・コミュニケーションズの「Baycom LTE」など高度化地域BWAを用いるインターネット接続サービスで取り扱われています。

認証情報では帯域が地域BWAの範囲に限られており、WiMAX 2+やAXGPに関しては利用できないと思われます。

novas Home+CA FREE

UQ向けに投入された「novas Home+CA」の通信方式をFDD-LTE(B1/19)に変更した機種です。

通信方式と本体カラー以外の仕様はnovas Home+CAと変わりません。

この中では唯一の外付けアンテナ搭載機種です。

Speed Wi-Fi HOME L01 HWS31

au・UQで販売されている機種ですがSIMロックが掛けられておらず、mineoなどで利用できるようです。

ただし対応Bandがau・UQのものを中心とする構成なので、mineoのAプランやIIJmioのタイプAなどでの利用が妥当になるかと思います。

Amazonでの価格は1万円前後です。

にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ
にほんブログ村

-情報整理
-, ,