NETGEAR、4ストリーム・MU-MIMO対応のミドルレンジルーターを発売

ネットギアジャパン合同会社は3月7日、無線LANルーター「R6850」と無線LAN中継機「EX6110」を発表しました。

3月28日に発売される予定です。

ネットギアジャパン、5GHz帯の速度を重視したミドルレンジモデルの無線LANルーター「R6850」と、エントリーモデルの無線LAN中継機(エクステンダー)「EX6110」の2製品を発売

R6850は2017年に発売されたR6120を一回り大きくしたようなデザインで、4ストリームのIEEE 802.11acによる最大1,733Mbpsの通信に対応します。

子機が対応していればMU-MIMO及びビームフォーミングも利用可能です。

WAN端子・LAN端子(4基)は1000BASE-Tまでの対応で、USB 2.0端子を1基備えます。

EX6110はコンセント直挿しタイプの中継機で、従来の同社製品よりコンパクトにまとめられています。

5GHz帯(最大867Mbps)又は2.4GHz帯(最大300Mbps)のどちらかを親機⇔中継機間の接続、もう一方を中継機⇔子機間の接続に用いる「FastLaneテクノロジー」に対応し、環境に応じて設定することで通常のモードよりも安定した通信が可能とされています。

3月28日までAmazon.co.jp(R6820・EX6110)とNTT-X Store(EX6110のみ)で予約が受け付けられており、予約注文時には通常価格から10%オフで購入できます。

NETGEAR Inc. EX6110 ワイヤレスエクステンダー(無線LAN中継機) EX6110-100JPS – NTT-X Store