TP-LinkがWi-Fiルーター・中継機の新製品を発表

TP-Linkは11月8日に日本国内向けの発表会を行い、Wi-Fiルーター「Archer C5400」「Archer C3150」「Archer C55」「TL-WR802N」及び中継機「RE450」を発表しました。

【新製品記者発表会】 – TP-Link

人気記事

最大2167Mbps、トライバンド対応のArcher C5400

tplink_c5400Archer C5400はASUSやNETGEARの上位機種と同様に1024QAM(Broadcomの『NitroQAM』)に対応し、IEEE 802.11acによる最大2167Mbps(2.4GHz帯は最大1000Mbps)の通信を実現しています。

加えて5GHz帯 x 2波、2.4GHz帯 x 1波の同時利用にも対応しており、MU-MIMOや周波数自動割当機能「Smart Connect」と合わせて複数機器を利用する際の混雑回避が図られています。

有線LAN端子は1000BASE-T x 5基(内WAN端子1基)、USB端子はUSB 3.0 x 1基とUSB 2.0 x 1基となっています。

AC5400 トライバンド MU-MIMO ギガビット 無線LANルーター – TP-Link

やや安価なArcher C3150

tplink_c3150

Archer C3150もC5400と同様に1024QAMに対応していますが、5GHz帯は1波のみに限られます。

LAN端子やUSB端子はC5400と変わりません。

AC3150 MU-MIMO ギガビット 無線LANルーター – TP-Link

国内向け新機種のArcher C55

tplink_c55

Archer C55は日本向けのみ存在する製品で、グローバルのArcher C1200に相当するようです。

通信速度は最大866Mbps(5GHz帯)/300Mbps(2.4GHz帯)、LAN端子は1000BASE-T x 5基(内WAN端子1基)ですがC1200にあるUSB端子はありません。

価格が5,000円強に抑えられており、BUFFALOのWHR-1166DHP3やNECのAterm WG1200HSのような普及帯802.11ac対応ルーターへの対抗を狙ったものと思われます。

携帯用の小型ルーターTL-WR802N

tplink_wr802n

TL-WR802Nは2.4GHz帯(最大300Mbps)のみに対応した小型のルーターで、ホテル等での利用が想定されています。

中継機やイーサネットコンバータとして利用することもできます。

有線LAN端子は100BASE-TX x 1基(WAN/LAN兼用)、USB端子はありません。

300Mbps Nano 無線LANルーター – TP-Link

最大1300Mbps対応のRE450

tplink_re450 RE450は単体の中継機としては珍しいIEEE 802.11acによる最大1300Mbpsの通信に対応した製品です。

他社の1300Mbps超通信に対応した中継機とは異なり、コンセントに直接繋がるデザインになっています。

1000BASE-T対応のLAN端子を1基備えています。

AC1750 無線LAN中継器 – TP-Link

Talon AD7200は発表されず

IEEE 802.11adに対応したTalon AD7200の国内発売は発表されず、会場での参考展示に留まっています。