UQのWiMAX2+サービスで制限が一部緩和

UQコミュニケーションズは12月22日、WiMAX2+通信サービスにおける直近3日間の通信量を基準とする制限を改定することを発表しました。

2017年2月2日より適用される予定です。

WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

人気記事

しきい値が3GB/3日間→10GB/3日間に

従来のWiMAX2+サービスでは「UQ Flatツープラス ギガ放題」のような月間無制限を謳うプランであっても、前日までの直近3日間の合計通信量が3GBを超えると速度制限が適用されていました。

今回の改定ではこの基準が変わり、直近3日間の通信量が10GBを超えた際に制限が適用されるようになりました。

制限の適用時刻も変更

制限が適用される時間帯も変更されています。

従来は通信量が前日までの通信量が3GBを超えた日の13時頃から翌日13時頃にかけて丸一日の制限が適用されていましたが、改定後は18時から翌日2時までの8時間のみ適用されます。

制限適用時の速度を明瞭化

今回の改定と同時に、これまで「YouTubeで標準画質の動画を視聴できる程度」とされていた制限適用時の速度が「最大で概ね1Mbps」と表記されました。