ヤマハ、LAN管理用ソフトウェアをリリース

ヤマハは12月26日、Windows向けソフトウェア「Yamaha LAN Monitor」を公開しました。

同社のサイトからダウンロードできます。

Yamaha LAN Monitor – ユーティリティダウンロード – ヤマハ株式会社

Yamaha LAN Monitorはヤマハのネットワーク管理機能「L2MS(Layer 2 Management Service)」に対応したソフトウェアで、インストールしたPCを既存のヤマハルーターと同様にL2MSの「コントローラー」として利用することができます。

  • LAN内にあるL2MSスレーブ(ヤマハ製スイッチ・アクセスポイント)やその他機器の把握
  • L2MSスレーブの設定変更
  • 機器の死活監視
  • PoE給電の管理
  • ネットワークのスナップショット取得

など、L2MSコントローラーとしての各種機能が利用可能です。

SWX2100-24G/SWX2100-5PoE/SWX2100-10PoEの発表時にリリースが予告されていましたが、今回正式にリリースされる運びとなりました。

利用にはWindows(サポート対象は7及び10)がインストールされ、Ethernetでネットワークに接続されたPCが必要です。