ヤマハ、新型ルーター「RTX830」を発表

ヤマハ株式会社は9月13日、VPNルーター「RTX830」を発表しました。

10月に発売される予定です。

既存ネットワークと新規ネットワークの共存環境を実現した「RTX810」の後継モデル ヤマハ ギガアクセスVPNルーター 『RTX830』

RTX830は2011年11月に発売されたRTX810の後継機種として位置付けられた製品で、

  • スループット:最大2Gbps(RTX810:最大1Gbps)
  • VPNスループット:最大1Gbps(RTX810:最大200Mbps)
  • VPN対地数:20(RTX810:6)
  • NATセッション数:最大65,534(RTX810:最大10,000)
  • Flash ROM:32MB(RTX810:16MB)
  • RAM:256MB(RTX810:128MB)
  • タグVLAN:LAN毎に最大32ID(RTX810:最大8ID)
  • コンソール端子:RJ45/miniUSB(RTX810:RJ45のみ)
  • 消費電力:11W(RTX810と同値)

といったアップグレードが施され、RTX1210に近い性能になっています。

センター側ルーターと複数の拠点に設置したルーターの間に一つの設定で複数のVPNトンネルを構築できる「マルチポイントトンネル機能」(RTX830は拠点側に対応、センター側はRTX1210が対応しRTX3000/5000が対応予定)や、ネットワーク内にある機器の管理を行える「LANマップ」などのRTX810に無かった新機能も追加されています。

Interop Tokyo 2017では試作モデルの「X17」として公開されたRTX830に加え、同じく試作モデルのスイッチ「X18-P」と「X18-R」も公開されていましたが、今回製品として発表されたのはRTX830のみです。

また、今回の発表と直接の関係はありませんが、ヤマハは9月中旬にネットワーク機器のサイトをリニューアルし、デザインの刷新やURLの変更を行う予定です。

【事前告知】当社ネットワーク機器WEBサイトリニューアルについて