ヤマハ、最大1.7Gbpsの無線LANアクセスポイントを発表

yamaha-wlx402

ヤマハは20日、IEEE802.11acによる最大1.7Gbpsの通信に対応した無線LANアクセスポイント「WLX402」を発表しました。

11月以降に発売される予定です。

WLX402はIEEE802.11ac wave2に準拠し、これまでの同社製無線LANアクセスポイントを上回る最大1.7Gbps(4ストリームMIMO利用時)での通信が可能になっています。

LAN端子も有線区間がボトルネックとならないようにリンクアグリゲーション対応の1000BASE-T端子が2基備わっています。

その他にも内蔵の簡易RADIUSサーバーがEAP-TLSに対応、新たに追加されたUSB端子に接続した機器へのログ出力など、フラッグシップ機としての機能拡充が図られています。