対応Bandから見る日本初のAndroid One端末

7月5日、ワイモバイルから新製品としてSHARP製の「507SH」が発表されました。

日本国内で販売されるスマートフォンとしては初めて「Android One」準拠の機種となり、Nexusシリーズと同様に最新のOS/セキュリティアップデートが提供される予定です。

Y!mobileから「Android One」が日本初登場 | ソフトバンク株式会社

人気記事

Android Oneとは

Googleが端末メーカーと共同で展開しているブランドで、素の状態に近いAndroidを搭載しアップデートが迅速に提供されるという特徴があります。

主にローエンド~ミドルレンジモデルを中心に展開されており、507SHも例に漏れずミドルレンジではありますが、防水・防塵及びワンセグに対応し日本市場向けとなっています。

507SHの対応Band

これまでのワイモバイル向けスマートフォンと同様、

  • FDD-LTE Band1(2.1GHz)
  • FDD-LTE Band3(1.8GHz)
  • FDD-LTE Band8(900MHz)
  • TDD-LTE(AXGP) Band41(2.5GHz)
  • W-CDMA BandⅠ(2.1GHz)
  • W-CDMA BandⅧ(900MHz)

というソフトバンク網に特化した構成です。

507SH 対応周波数帯一覧 – spectrum.pdf

国内事業者との対応関係は以下の通りです。

  NTTドコモ KDDI/沖縄セルラー/UQ ソフトバンク
LTE Band1
LTE Band3  
LTE Band8    
LTE Band41  
W-CDMA BandⅠ  
W-CDMA BandⅧ    

SIMロック解除は6ヶ月経過後

購入時にはSIMロックが設定されており、購入から6ヶ月経過後以降に解除可能になるとのことです。

SIMロックが施され、購入から6カ月経過すれば無料で解除できる。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1008730.html

対応Bandの関係上、ソフトバンク/ワイモバイル以外での運用はし易いとは言えませんが、日本におけるAndroid Oneがどのように扱われるのかは興味深い所です。